幼児教育では基本的な生活習慣を身に着けることが大事

幼児教育は小学校の前段階の教育を指します。「教育」というと、学習をイメージしがちです。もちろん幼児でも興味があることについて学習するのは良いことですが、幼児が教育で身に着けるのは、何もひらがなや数字だけではありません。幼児教育時代に大切なのは、小学校に入る前に基本的な生活習慣を身に着けることです。

基本的な生活習慣とは、あいさつをするとか、時間を守って規則正しく行動するなどのことです。小学校ではいよいよ本格的な学習が始まりますが、これらの生活習慣が身についていないと、学習以前に学校生活が楽しく送れなくなってしまいます。まず、あいさつをするというのは、人とコミュニケーションをとる上で基本となることです。友達に「おはよう」と言われても恥ずかしくてあいさつが返せなかったら友達ができなくて孤立してしまう危険もあります。

恥ずかしくても、勇気を出して声を出せるように、幼児教育時代に身に着けておいた方が良いです。そして、小学校では時間割がきっちり決まっており、それぞれ始まりの時間も終わりの時間も設定してあります。休憩時間も決まっています。一人でもその時間の枠組みで動くことができない子がいると集団行動が成り立ちませんから、小学校に入る前にぜひとも時間を守ることを身に着けておきたいものです。

そして寝る時間や起きる時間も決めておくと、睡眠不足で学校に行くこともなくなり、授業に集中できるようになります。幼児教育では、知識の習得よりもまず小学校に入ってから困らないように規則正しい生活習慣を身に着けることが大切なのです。おもちゃのサブスクのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.